知らないと損する!アルバイトにも有給休暇はある!

更新日:

有給休暇「アルバイトやパートは有給休暇が取れない」「有給休暇は正社員の特権だ」と思っていませんか?

年次有給休暇について規定している労働基準法は、すべての労働者を対象にしています。そのため、雇用形態に関わらず条件を満たせばアルバイトやパートでも有給休暇をもらう権利があるのです。

今回は、アルバイトを始める前に必ず確認しておきたい、有給休暇について詳しくご紹介します。

有給休暇とは?もらえる条件は?

有給休暇とは、「心身の疲労を回復し、ゆとりある生活を保障するために付与される休暇」で、休んでいる間も普段通りの金額のお給料がもらえます。所定労働日数(出勤日)の8割以上出勤し、かつ6か月間継続して勤務した場合、有給休暇を取得する権利が発生します。

「週に30時間以上」「週に5日以上」「一年間で217日以上」勤務している場合は、継続勤務6か月で一年間に10日、6年半以上の勤務で年間最大20日と、正社員と同様の日数の有給が生じます。
さらに、それ以下の勤務時間・日数のアルバイトやパートでも有給休暇をもらうことができます。

例えば、週一で6カ月以上勤務した場合年間1日、1年6カ月以上の勤務で年間2日の有給が発生します。週あたりの勤務日数が決まっていない場合、一年間の所定労働日数で計算します。

このように、フルタイム勤務でない場合は労働日数と継続期間で有給の日数も変わるので、厚生労働省のホームページ等で確認してみましょう。

有給休暇の期限は2年間

一年間で有給休暇を消化しきれなかった場合は、有給を翌年に持ち越すことができます。とはいえ、有給休暇の期限は2年間で、有給を使わずに2年経ってしまうと消滅してしまいます。

一年間あたりの有給付与日数が最高20日なので、最大40日の有給休暇をキープしておくことが可能です。せっかくの有給を利用しないのは大変もったいないですから、毎年きちんと消化することをおすすめします。

有給休暇の取得理由

有給は「心身の疲労回復」や「ゆとりある生活」のための休暇なので、取得理由は休息でも遊びでも旅行でも、何であっても問われることはありません。周囲に迷惑がかからないよう、有給を取得したい場合は早めに申請するようにしましょう。

なお、休むことによって通常の業務が妨げられてしまう場合は、雇用者は他の日に変更することが可能になっています。有給を利用する際には事前にその旨を申し出る必要がありますが、雇用者の合意があれば事後申請でも有給と認められます。

有給休暇は出勤日にだけ使える

有給は所定労働日(出勤日)に適用されるので、元々仕事の入っていない休みの日には使えません。例えば、元々週に3日だけシフトに入っている人なら、有給を使って一週間休んだとしても3日分の給料がもらえるだけなので注意しましょう。

有給休暇の買い取りは原則NG

有給休暇は労働者に仕事から離れて心身ともにリラックスしてもらうことが目的なので、代わりに金銭を与えるのは本来の意味を失ってしまうため、原則NGとされています。

とはいえ、退職間近で余った有給や2年が経過して既に失効している有給、法で規定されている以上の日数の有給は買い取りが認められる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか。雇用者はアルバイトを雇う際に休暇について説明する義務があるので、アルバイトの面接時などに有給休暇についてもしっかり確認しておきましょう。

既にアルバイトをしている方は、有給を取得できるかどうかチェックしてみてください。アルバイトやパートも有給休暇が取れるとなると、仕事に対するモチベーションも上がりますね。ぜひあなたも有給を活用して、余裕のあるバイト生活を送りましょう。

利用しないと絶対損!お祝い金がもらえる人気アルバイトサイトまとめへ

-アルバイトのコツ

Copyright© 最大3万円のお祝い金がもらえる!人気アルバイトサイトまとめ , 2017 AllRights Reserved.